人気の原産地

品種改良の末に生まれた胡蝶蘭がソーゴユキディアンです。贈答用に優れた品種を開発する過程で生まれましたが、鮮やかで白い大輪の花は、他の胡蝶蘭と並べても存在感を放ちます。では、ソーゴユキディアンはどこで誕生したのでしょうか。贈答時にふさわしい産地と併せてご紹介します。

数多くの胡蝶蘭が台湾で開発されましたが、ソーゴユキディアンのふるさとも台湾です。品種改良を繰り返した末に2000年前後に生まれた品種ですが、市場全体からは素晴らしいと注目を集めました。お祝いに胡蝶蘭を贈る文化が根付いてから10年か15年程度と言いますが、ちょうどソーゴユキディアンが誕生し、贈答用に普及した時期と重なります。

またたく間に広まったソーゴユキディアンですが、日本国内では宮崎県が栽培に力を入れるようになりました。2005年に試験導入を開始して以降、全国でもとりわけ生産量を伸ばした地域です。大賞を受賞した株もあるので、日本産の胡蝶蘭では宮崎県のものが人気になりました。日照時間が長く、温暖な気候という地域性が胡蝶蘭の生産量を押し上げた理由でしょう。

台湾産と宮崎県産、どちらのソーゴユキディアンも見事な出来栄えです。贈答用に選ぶときはどちらの産地を選んでもよいでしょう。

育て方のコツ

ソーゴユキディアンは開業祝いや移転祝いなど、お祝いでもらう機会が多い花です。新たな門出のためにと贈ってくれた人もいると思いますが、その喜びを長持ちさせるには最適な温度や置き場所、水やりのポイントを覚えておきましょう。

まず、胡蝶蘭は台湾や東南アジア、オーストラリアなど、暖かい地域で誕生しました。ソーゴユキディアンをはじめとした大輪系の胡蝶蘭は寒さを嫌います。そのため、置き場所の温度は18℃以上の環境に置いておくのがベストです。冬場は、日中なら暖房をつけるだけでよいですが、人がいない時間帯は段ボールや発泡スチロールを使い、株が冷えないようにしてあげてください。

置き場所は東または南がよいです。直射日光を嫌う胡蝶蘭は、窓辺に置くならカーテン越しに光を当てるようにしてください。元々、胡蝶蘭は木に着生している花です。柔らかな日差しと風通しのよい環境を好みます。

水やりは鉢内が乾いたときにたっぷり与えてください。夏と冬では鉢内が乾くまでの時間が違うので、水やりの前に確認しましょう。

胡蝶蘭は長持ちしやすい花です。温度や置き場所、水やりを工夫すると、半年近く楽しめるケースもあると言います。ひと手間加えてあげて、ぜひ贈ってくれた人の想いを長く楽しみましょう。

ソーゴユキディアンとは

大輪系の胡蝶蘭の代表がソーゴユキディアンです。V3という名前で呼ばれることもあります。これはフラスコに記載のあった製造番号がV3だったことに由来しているそうです。花を育てている人たちの間では、かえってこちらのほうが慣れた呼び名かもしれません。

花びらが肉厚でボリューム感があり、その向きも揃いやすく、見た目が映えるのがソーゴユキディアンの最大の魅力でしょう。鮮やかな色合いも相まって、豪華な印象を与えます。最大で14cmまでに成長する花びらは見る人の目線を惹きつけ、さらに場全体を華やかにします。また、ほかの胡蝶蘭と比べると、花びらはシャープな印象があるかもしれません。

ソーゴユキディアンは冠婚葬祭の場にふさわしく、贈答用に好まれる品種です。たとえば、結婚式や開店・開業祝い、還暦祝いなどのシチュエーションでお祝いに使われることが少なくありません。一方、白い胡蝶蘭なので弔事でも活躍します。幅広いシーンに用いられる花と考えてよいでしょう。

胡蝶蘭の中でも安定した品質がソーゴユキディアンの特徴です。特に開花しやすいので、ほとんどの胡蝶蘭生産者がこの品種を作っています。贈答用の胡蝶蘭をお探しの人は、ぜひソーゴユキディアンを選んでください。

胡蝶蘭の代表格

いまやお祝いには欠かせないのが胡蝶蘭です。特に、大輪の花を咲かせるソーゴユキディアンは、贈答用で人気の品種でしょう。当サイトでは、ソーゴユキディアンに関するお役立ち情報についてまとめました。

まずはソーゴユキディアンに関する基本的なことからご紹介します。通称V3と呼ばれる品種ですが、肉厚な花びらにはボリューム感があって見栄えもよいです。また、大きな花びらは最大で14cmまで成長すると言います。白い花びらなので、冠婚葬祭に使われることも少なくありません。お祝いからお悔やみまで、さまざまなシーンで活躍する花です。

上手に育てるためのポイントも見てみましょう。暖かい地域で生まれた花なので、冬の寒さから守れるような対策をしてください。また、直射日光を嫌うので、カーテン越しに日光が当たるようにすることもコツです。風通しのよい環境におけば、半年近く持つこともあると言います。

ソーゴユキディアンは、胡蝶蘭の一大原産地である台湾で生まれました。日本国内では宮崎県で栽培されたものが多いです。台湾産か宮崎産の胡蝶蘭が一般的なので、贈答用に購入するときにはこれらの産地のものを選ぶのがふさわしいでしょう。

2000年頃に誕生したソーゴユキディアンは、贈答用の胡蝶蘭の代表格として一気に広まりました。当サイトを読むと、なぜ多くの人から愛されているかがわかるはずです。ソーゴユキディアンについて知りたい人は、ぜひ当サイトをご覧ください。