胡蝶蘭の代表格

胡蝶蘭いまやお祝いには欠かせないのが胡蝶蘭です。特に、大輪の花を咲かせるソーゴユキディアンは、贈答用で人気の品種でしょう。当サイトでは、ソーゴユキディアンに関するお役立ち情報についてまとめました。

まずはソーゴユキディアンに関する基本的なことからご紹介します。通称V3と呼ばれる品種ですが、肉厚な花びらにはボリューム感があって見栄えもよいです。また、大きな花びらは最大で14cmまで成長すると言います。白い花びらなので、冠婚葬祭に使われることも少なくありません。お祝いからお悔やみまで、さまざまなシーンで活躍する花です。

上手に育てるためのポイントも見てみましょう。暖かい地域で生まれた花なので、冬の寒さから守れるような対策をしてください。また、直射日光を嫌うので、カーテン越しに日光が当たるようにすることもコツです。風通しのよい環境におけば、半年近く持つこともあると言います。

ソーゴユキディアンは、胡蝶蘭の一大原産地である台湾で生まれました。日本国内では宮崎県で栽培されたものが多いです。台湾産か宮崎産の胡蝶蘭が一般的なので、贈答用に購入するときには産地を見て選ぶのがふさわしいでしょう。

2000年頃に誕生したソーゴユキディアンは、贈答用の胡蝶蘭の代表格として一気に広まりました。当サイトを読むと、なぜ多くの人から愛されているかがわかるはずです。ソーゴユキディアンについて知りたい人は、ぜひ当サイトをご覧ください。